パスポートの残存期限は大丈夫?海外観光も出張も留学も要チェック!大阪でパスポートを更新!所要日数は?時間は?

スポンサーリンク

パスポートの更新(切替)申請に行こう

海外への観光や出張、留学で必須のパスポート!

5年や10年の期限があるので、一度作れば中々気にすることのない残存期間ですが、気付けば入国やビザ申請に必要とされる残存期間が足りない?!なんてことも…。

今回は、大阪でのパスポート更新を行った時の所要日数や時間をまとめました。まだ残存期間があるため「切替新規申請」を行う手順です。

スポンサーリンク

●パスポート更新の大まかな流れ

  1. 申請
  2. 受取

以上です。笑

手順が少ないのは、普段お仕事や学校で忙しい方々にとってありがたいことですよね!

●各手順の詳細

1.申請(所要時間:約15分)※平日お昼間

※平日お昼間

1-1.大阪府パスポートセンターに行く

わたしがパスポート更新のため申請に出向いたのは「大阪府パスポートセンター」。

大阪メトロ「谷町四丁目」駅すぐの場所にあります。この辺りにあまり行ったことがない方も安心!駅を下りたところから、表示があるので迷うことなく辿りつけます!

 

1-2.申請書類に記入(所要時間:約10分)

到着し、中に入ると至るところに申請書類記入のための台があります!申請書類はこの台周辺に準備されているので、対象の書類を取って記入を進めていきましょう。

書き方サンプルもあるので、迷うことはありません。通常であれば5分程度で書き終えることができると思います。が、わたしは書き損じてしまったので、10分ほどかかりました。

 

1-3.窓口にて手続き(所要時間:約5分)

書類記入後は、窓口での手続きが必要です。呼び出し後、対象の窓口にて係の方に手続きを進めていただくのですが、わたしの場合、待ち時間はほとんどなくすぐに呼ばれました。係の方に然るべき箇所を確認していただいたら、引換書を持って帰ります。この引換書が「2.受取」時に必要になるので、大切に保管しておきましょう!

以上で、「1.申請」の手順は終了です。思っていたよりもとても短い時間で手続きが済み、ありがたかった…!ちょうど一週間後以降、受け取りが可能になるとのことなので、都合の良い日を検討して受け取りに行く予定を立てましょう。

注意

・本籍地を準備しておくこと

・有効中のパスポートを持参すること

証明写真は用意していく?

はい、わたしは事前に用意していきました!

10年使うパスポートなので、納得した写りの写真が良い!!と何度か撮り直し、コレ!というものを持参しました。(と言っても、街中の証明写真機。¥800/回の少しだけ良いやつ。きれいに撮れた。と思う。)

ちなみに、谷町四丁目駅の出口から大阪府パスポートセンターまでの地下道に、証明写真機が複数台設置されていました!わたしが見かけたのは3台。特に並んでいる様子もなく、¥700/回のようでした!

2.受取(所要時間:約5分)

※平日お昼間

2-1.大阪府パスポートセンターに行く

さて、申請時同様「大阪府パスポートセンター」に出向きます。

そしてまたまた申請時同様のフロアへGO!1階がそのフロアなので、わかりやすいです。が、受取窓口は申請窓口と異なるので、表示をよくご確認くださいね!

 

2-2.窓口にて引換書を提出(所要時間:約1分)

この引換書は「1.申請」時に記入したものです!今日まで失くさずに保管をしていました。係の方の確認が済んだら、自筆のサインをして次の窓口へ。

 

2-3.窓口にて手数料の支払い(所要時間:約1分)

ここでは手数料を支払いました。わたしの場合は¥16,000。現金のみです!

 

2-4.窓口にてパスポートを受け取り(所要時間:約3分)

ついにパスポートの受け取りです!呼び出し後にこの窓口へ来ることになりますが、わたしの場合、待ち時間はほとんどなくすぐに呼ばれました。受け取り前に本人確認や注意事項の案内等があり、新旧両方のパスポートを受け取ります。

以上で「2.受取」の手順は終了です。

平日の昼間というタイミングだったからか、今回も大変短時間での手続きでした!こうして、新しいパスポートへの切替(更新)が無事に完了しました。

注意

・引換書を持参すること

・現金を準備しておくこと

・発行日から6ヶ月以内に必ず受け取ること(失効になり受け取りができなくなります)

スポンサーリンク

●まとめ

パスポートの切替申請〜受取までとてもスムーズでした!特に、申請の所要時間がこんなに短いとは…!平日のお昼間ということもあったかもしれませんが、大変ありがたかったです。谷町四丁目駅からもすぐ、ほぼ直結と言っても過言ではないのでアクセスも良し◎!

※更新時及び記事執筆時点での情報です。ご了承ください。

#パスポート #海外

タイトルとURLをコピーしました